歯の着色汚れの原因と対策

歯の着色汚れの原因と対策

蓄積させると

子供の頃から歯磨き講習で、きちんと正しく磨くことを教えられてきました。
歯磨きの経験は、歯が生えてからの年齢の分だけの間と考えれば長いといえます。
エナメル質の中の方には象牙質があり、その中の方に神経があります。
歯の外側のエナメル質は半透明で中の方がうつって見えて歯の色になります。
象牙質は加齢から黄色っぽい色が強くなり、また、年ごとに表面のエナメル質が削れることによって薄くなり、黄色の象牙質が透けてきて黄ばんで見えて歯のステインのようです。
神経が死んでいると色が変わりとても気になります。
エナメル質と象牙質のさかいにある象牙細管に物質が入り込むことや、神経が失われているので歯の中の代謝がないことも理由とされています。
ウォーキングブリーチはその歯を白くする方法です。
黒ずみは、エナメル質の中の方の象牙質で起こり、歯の表面のホワイトニングでは白く戻りません。
ウォーキングブリーチでは、歯の中に漂白剤注入で象牙質の黒ずみを漂白することで白く出来ます。
1週間から10日間近くは歯に漂白剤を入れたままで5回程度同じ行程を続けます。
健康保険は適用されないので歯科医院の価格設定も違います。
目立つ位置の歯で長年の悩みを抱えていたら、問い合わせてみると解決の可能性があります。
他にも歯の隙間を目立たなくしたり、前歯の表面を削って薄いセラミックを張り付けるラミネートベニアという治療法もあります。
歯を削る量が少なく麻酔不要で、短期間で治療が終わるメリットがあります。

様々な施術から

珈琲やお茶や煙草などによっての歯の黄ばみや、くすみなどの着色よごれをいうステインは、ポリフェノールやタンニンを摂取してその頻度が多かったり歯磨きでの磨き残しからです。 歯に色素が沈着すると、どんどん通常の歯磨きでは落とせなくなります。 煙草も同様です。

子供の矯正年齢

保護者の意向だけに寄らず子供の意思もしっかり確認して積極的に歯科医院に行ってみましょう。 小学2年生位から歯科矯正を始めるにしても子供の忍耐力や努力がかなり必要で、費用面だけで決められません。 大切なのは子供の意志と年齢を逃さないよう早めに矯正歯科医に相談することです。

予防の意識で

歯科医院でのフッ素湿布や定期検診からの効果が上がっていたり、子供の虫歯は顕著に減っているようです。 世代交代で保護者の意識と行動の変化からの傾向と推測されています。 終電で帰宅すれば疲れてそのまま就寝してしまう大人の方が、虫歯になり易いかもしれません。